ゲームコース

game

ゲームコース -3年制(ICT本科2年+研究科1年)-

ゲームコースを新設した目的

多くの人がゲームをプレイすることが、大好きです。その情熱は、目を見張るものです。また、ゲーム製作会社の企業様は、人材確保を求めています。今回は、地元石川のDMM.comラボ様からのご提案もあり若い人に好きなものに関わる仕事に就くためのコースを新設します。
ゲームが好きなあなた!プレイするだけではなく、ゲームをクリエイトする側で活躍しませんか?

ゲームクリエイターの仕事とは?

多くのゲームは、たくさんの人によって作られています。ゲームプロデューサー、ゲームプログラマー、ゲームデザイナー、ゲームプロデューサーは、ゲーム全体の仕事に関わる制作現場のリーダーのような仕事です。ゲームプログラマーは、ゲームディレクターが決めた内容に従ってプログラム言語を打ち込みゲームを実際に動く形にします。ゲームデザイナーは、ゲームに登場するキャラクターをデザインします。

当校で学べること

当校で、学べる分野は、「ゲームプログラマー」と「ゲームデザイナー」です。「ゲームプログラマー」は、ITの基礎を学んで頂いた後に、ゲームプログラムを習得してもらいます。また、トレンドの制作ツールに触ってもらい自分でゲームを作ってもらいます。
「ゲームデザイナー」は、ITの基礎を学んで頂いた後、3Dのキャラクターツールを用いて様々なキャラクターを描いてもらいます。なお。当校の特徴として、3Dキャラクターの制作に欠かせないデッサンの基礎も学習できます。ITと美術の基礎を同じ場所で学べます。(ゲームディレクターの仕事は、社会経験と現場経験が必要ですので実際に働いて経験を積んでチャレンジすることが一般的と考えているので、カリキュラムにはしておりません。)

ゲームプログラマー、ゲームデザイナー共通して学んで頂くこと

キーボードの打ち方や、会社に入ってから役に立つITの一般常識など、入学直後にITの基礎を学んでもらいます。その後それぞれの分野に分かれてもらいますが、ユーザー目線を養って欲しいので、ゲーム解析の授業を行います。ゲーム解析とは、人気ゲームを、キャラクター、ストーリー、動き、世界観などこれらを要素ごとにどこが楽しいか、他のゲームとどこが違うかなど意見を出してもらい解析してもらいます。

3年間かかる理由

ゲームの制作会社に就職する場合、自分の制作したゲームを提出し評価していただく場合があります。また、現在の就職活動は、非常に早期であり、2年生の1学期にはすでに面接が始まります。専門学校の1年生の1年間で、基礎を学びその上で作品を作ることは、時間的に困難であり、企業の方もその期間で作られた作品では判断がつきません。3年目での1学期に十分な準備をして就職活動を迎えるために、他のコースとは異なり合計3年のカリキュラムとさせていただきます。